義勇団長ソナの行方を突き止め、共にノラ族の復讐を果たしたアーロイ。
試練襲撃に関わりがありそうなオーリンという男を追いかけ、カージャ族の王都メリディアンを目指します。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

メインクエスト「門前の使者」(推奨Lv12)

安息の門でヴァールから得た情報をもとに、ノラ族の集落の1つである「母の頂」へと向かいました。
周辺はノラ族と他の部族の土地とのいわゆる緩衝地帯なのだそう。
集落には戦いで負傷した者たちが大勢いました。

Horizon-55.jpg

マレアという責任者に話を聞いたところ、カージャは禍ツ機がばら撒く「穢れ」を恐れ「太陽の砦」の門を閉ざしてしまったのだとか。
禍ツ機が闊歩する「穢れ地帯」を浄化すれば再び門が開くのではないかと言われ、さっそく向かうことに。

浄化と言っても特別なことをやるわけではなく、周辺の禍ツ機をすべて倒せばオッケー。
普通の機械獣と同じように「サイレントストライク」が通用するので、苦労することはほとんどありませんでした。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

「太陽の砦」までの道中、印象に残っている景色がありました。

Horizon-56.jpg

崖の上は山賊の根城になっていて、黒い煙が立ち上っているのですが、近くのヴァンテージポイントから以前の景色を知ることができました。

Horizon-57.jpg

かつて崖の上には瀟洒な建物が建っていたんですね~。
しかも「ブライダルベールの滝」っていう名前がロマンチックで素敵!
まだ上には登っていないのですが、果たして過去の面影はあるのか、上からの眺めはどんな感じなのか、楽しみです。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

「太陽の砦」はノラの聖地とカージャ領の境界、雪山の頂上にありました。

ゲートの前では機械獣が砦を襲っている真っ最中で、カージャ族は砦から応戦していました。
アーロイも助太刀し、すべて倒すと門を開けてくれました。

砦は想像していたよりも大きく、ちょっとした街のようでした。
指揮官であるバラーン隊長に挨拶すると、カージャ領の現状について色々と教えてくれました。

Horizon-58.jpg

王都までの道中は機械の凶暴化や穢れのほかに、山賊まで出没し、状況は悪化の一途をたどっているもよう。
厳しい旅になりそうです。

メリディアンでは、現王がオセラム族と同盟を結んだり、先代の王が起こしたノラ族との戦いや虐殺に対する償いをしようとしたり、平和を維持するために努力しているのだそう。
太陽の砦にいる兵士には現王を支持する者が多く、よそ者のアーロイに対しても友好的な人が多かったです。
ただ、民間レベルでは、オセラムともノラともぎくしゃくした関係が見え隠れしているようです。

…まぁ色々と話を聞いていると、先代の王は相当ひどい人物だったみたいですし、王様が変わったからといって、家族や仲間が生贄にされたり殺されたりしたことをすぐに許せるものじゃないですよね。

不穏な空気を感じつつ、いよいよカージャ領へ入ることとなりました。
ここでメインクエスト「門前の使者」は終了、新たに「太陽の街」が発生しました。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

メインクエスト「太陽の街」(推奨Lv12)

「太陽の砦」を抜けカージャ領に足を踏み入れると、ノラ族の土地とはまるで景色が違っていました。

Horizon-59.jpg

照りつける太陽、むき出しの岩石、サボテン…
一言であらわすなら荒野、あるいは砂漠といったところでしょうか。

Horizon-60.jpg

さらには大型の鳥を模した機械獣が我が物顔で空を舞っていて、視界に入ると襲われます。
すごく強くて、逃げるのにも一苦労でした。

そんなサバイバル感の強い土地ではあるものの、景色は相変わらず素敵で冒険心をくすぐります。
スクショを撮るのに夢中になって、なかなか王都へと近づくことができませんでした(笑)。

メリディアンに近づくにつれて、緑が増えてきました。

Horizon-61.jpg

荒野を通り抜けてくると、砂漠のオアシスに辿り着いたような感覚がありました。
寄り道せずにまっすぐに王都を目指し、いよいよメリディアンに到着!

…と思いきや、門前で衛兵に止められてしまいます。
何でもヴァンガードの隊長が襲われる事件が起きたため、よそ者は検査を受けなければならないとのこと。
揉めていると、ちょうどエレンドが通りかかりました。

Horizon-62.jpg

試練の前日に「母の源」で出会い、アーロイのことを気に入ってくれていたヴァンガードです。
今は亡くなった姉に代わり、ヴァンガードの隊長を引き継いだのだそう。

試練の襲撃からアーロイが生き残ったことを喜んでくれました。
その襲撃にオーリンが関わったのではないかという疑惑を話すと、初めは友人ということもあって懐疑的でしたが、結局、自分が同行することを条件にオーリンの自宅を調べることを許してくれました。

家のなかを調べると、絨毯の下にハッチを発見。
屋根裏にある鉄のかたまりを落とすとハッチが壊れて開きます。

地下の工房には日記やデータが置いてありました。

Horizon-63.jpg

どうやらオーリンはカルト団に家族を人質に取られ、無理やり協力させられていたようです。
そして日記から、現在は「岩の列柱の発掘現場」にいることが分かりました。
話を聞くために発掘現場へと向かうことに。

一方、エレンドからはヴァンガード隊長だった姉を殺した犯人を捕まえる手伝いをしてほしいと頼まれます(メインクスト「野に倒れし者」)。
できるだけのことはやってみると約束し、あとでヴァンガードが襲撃を受けた場所で落ち合うことになりました。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

クエスト「太陽の街」はもう少し続くのですが、キリがいので今回はここまで。

ノラの聖地からメリディアンまで寄り道せずに来たのですが、現在のマップ状況はこんな感じです。

Horizon-64.jpg

未知の領域がまだまだあります。
トールネックにオーバーライドするのを楽しみにしていましたが、このままマップを埋めていくというのも面白いかも。
関連記事


コメント

  1. Necoco | -

    大型の鳥系モンスターと戦うのってテンション上がらないですか?
    グリフィンとか格好良いし。あー、でも、洋ゲーのは日本人の感覚と違うのでダサいけどw

    もう追い付こうとするのは諦めましたので、クリア目指して邁進して下さい。
    DQ11までには間に合わせたいけど・・・他にも色々やりたい(積んでる)のあるからなぁ~!

    ( 09:39 )

  2. 梨矢子 | -

    Necocoさんへ

    空飛ぶ系のモンスターってデザインはかっこいいですよね!
    でもアクション系のゲームだと、倒すのが難しいっていうイメージのほうが先に立ってしまって、テンションが上がる暇がないです…。

    諦めちゃったんですね(笑)。
    でも、やりたい時にやりたいゲームをするのが一番ですしね。
    私もDQ11までにはクリアしたいです。

    ( 15:08 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks