上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『P5』2周目をクリアした後、
面白そうなタイトルが多すぎて次に何をプレイするか決めかねていましたが、
『ホライゾン ゼロ ドーン』『ゴーストリコン ワイルドランズ』を購入しました。
プレイ日記やレビューを見て回り、
オープンワールドでの探索が魅力的に思えた2本に決めました。
どちらもバトルに苦手要素があるのですが、これを機に克服できたらいいなと思います。

『ゴーストリコン』のほうがクリアまで時間がかかりそうだったので
まずは『ホライゾン』から始めました。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

舞台となっているのは今から1000年後、文明が失われ、機械獣たちが支配する世界。

Horizon-1.jpg

人間は幾つかの部族に分かれて狩猟によって生計を立てています。

主人公アーロイは母なし子であったため「異端児」と呼ばれ、
部族の暮らす集落から離れた谷で、「異端者」であるロストに育てられました。

Horizon-2.jpg

6歳のとき、アーロイはかつての文明の名残である「鉄の遺跡」へと迷い込み、
「奇妙な装置」を見つけます。
それは遺跡内の装置や機械獣などをフォーカスすることで情報を得ることができる装置でした。

Horizon-3.jpg

部族の人間から不当な扱いを受けることに疑問を感じ始めたアーロイは
自らの出生についての答えを得るべく訓練を重ねることを決心。
そして数年後、ノラ族の一員として認められるための試練
いよいよ2日後に迫っていました――。

――と、ざっくりまとめてしまいましたが、プロローグのあらすじはこんな感じです。
この後「安息の地」と呼ばれているマップの一部分を自由に歩き回れるようになり、
道すがらサイドクエストなどをこなしつつ、試練へ向けた準備を行いました。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

マップ探索を始めて感動したのが、景色がとにかく繊細で綺麗なことです!
美しい大自然のなかを歩き回れるというのは本当に至福です。

Horizon-8.jpg

マップは岩場を登ったり、ロープで滑空できたりする場所もあり、立体的です。

思わずスクショを撮りたくなってしまうスポットも多いのですが、
そんなときに便利なのが「フォトモード」です
主人公やインターフェイスをオフにした風景写真を撮ることができるばかりか、
光の加減を調節したり、フレームやエフェクトなど加工もできます。
痒いところに手が届く仕様で嬉しいです。

Horizon-9.jpg

Horizon-11.jpg

Horizon-10.jpg

滝好きなので、見つけ次第、撮りまくってます。
プレイ日記が好きな風景のスクショで埋まりそう…(笑)。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

さて、話を戻して。
準備が済むといよいよ試練です。
ロストと共に安息の地の外へ向かい、怒れる機械「ソウトゥース」と戦うことに。

Horizon-5.jpg

これは倒したあとの画像。
戦闘前と最中は、とてもじゃないですがスクショを撮る余裕はありませんでした(笑)。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

ここで戦闘について簡単に説明しておこうと思います。

まずは敵の偵察から始まります。
背丈の高い草むらに身を隠しながら、
フォーカスして敵の弱点や巡回ルートをチェックします。

弱い獣やウォッチャーの場合は
弱点を狙って弓矢を放つだけでも一撃で倒すことができますし、
敵が群れだった場合は
スキル「ルアーコール」で敵を1体だけ呼び寄せて
「サイレントストライク」で仕留めるのが簡単で確実。
強敵の場合は
罠を仕掛けて身動きできないようにしてから攻撃を仕掛けることも必要となります。

いかに敵に気づかれずに、仲間を呼ばれずに倒すかが大切になりますが、
うまく事が進まずに、敵に気付かれ襲われることもしばしば。

そんなときは接近戦となり、を使っての戦いになります。
R1ボタンで装甲を剥ぐなどの小ダメージ攻撃、
R2ボタンで敵を転倒させるなどの大ダメージ攻撃。

攻撃の主体はやはり弓矢だと思うのですが、槍での攻撃も意外と強いです。
私は弓矢で狙うことが苦手なので、プレイ前はちゃんと戦えるのかかなり不安でした。
でも「いざとなったら槍に頼れる…!」とちょっと安心してます(笑)。

弓矢で狙う際の時間の流れを遅くできるスキル「精神統一」もあるのですが…

Horizon-6.jpg

緊張しながら狙いをつけているときに
R3ボタンを押すいう作業が増えるのがちょっと面倒です。
スキルを取得したら自動で遅くなってくれたらよかったのに!と思ってしまいました。
ヘタレですみません…。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

ソウトゥースはここまで戦ってきた機械獣と比べて大きく強そうだったので
無防備な状態での近接戦は避けたいところでした。
そこで事前に手に入れていたトラップキャスターを使って
巡回路上に罠を仕掛けてみたのですが、
まったく発動しませんでした…!

やり方を間違えたのかな~とウロウロしていたところ、見つかってしまい、
結局、近接戦になってしまいました…。
薬草を頬張りながら、槍攻撃連打!です。
ソウトゥース戦のためにせっかく作った「炎の矢」もほとんどが無駄撃ちでしたし、
作戦も何もあったもんじゃありませんでした…(笑)。
まぁそれでも力技で何とか倒すことができました。

ちなみに難易度はノーマルでプレイ中です。
今のところ下手くそなりに戦闘を楽しめていますが、
この先は少し不安も残ります。
まずは罠の張り方をもう一度たしかめないと!

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

最後に、主人公アーロイの印象について。

Horizon-4.jpg

気が強く、誰に対してもはっきりとものを言うタイプですが、
まっすぐで心根の優しいところが好印象です。
とびきりの美人というわけではありませんが、
愛嬌があって可愛らしいです。

異端児として育ってきた境遇から、部族に対しては反発心を抱えている彼女ですが、
これから広い世界へ旅立つことになるであろう彼女がどう成長するのか、
そして出生の秘密は明らかになるのか、楽しみです。
関連記事


コメント

  1. Necoco | -

    幼少期の頃、イジメじゃん!って思い、悲しい気分になりましたよ。
    それはそうと、その頃に出会っているデブって名前の男の子。日本人なので、その名前を叫んだ時にはw

    ( 06:12 )

  2. ホライゾンはわたしも衝動買いしてしまったのですが、まだまだプレイするのは先になりそうです。

    いろいろな方のブログやツイッターを見ましたが、梨矢子さんのプロローグ解説、簡潔で分かりやすかったです!

    こういう風にわかりやすくブログ書きたいなって思いました。(´Д` )


    わたしも以前はアクションゲーム苦手だって思いましたが、慣れてくればそんな気にするほどじゃなくなってくると思います。

    最近ではアクションばかりやってるわたしの経験では、序盤が一番難しく感じることが多いと思いますので(終盤は武器が強くなったり、成長要素もあるゲームではキャラクター自体が強くなってるし)、慣れるまで試行錯誤すると良いかと思います!

    今後もプレイ日記楽しみにしてます、それにしても景色綺麗ですね〜わたしも早く始めたくなってしまいました!

    ( 12:39 )

  3. 梨矢子 | -

    Necocoさんへ

    部族の母親や子供たちからの仕打ち、アーロイの気持ちが痛いほど伝わってきて私も切なくなりました…。

    あの子の名前はてっきり「テブ」かと思ってました(笑)。
    あとでまた出てきたら確かめてみようと思います!

    ( 23:13 )

  4. 梨矢子 | -

    Sapphireさんへ

    プロローグは端折りすぎちゃったかもと思っていたので、そんな風に言っていただけて嬉しいです~。
    Sapphireさんの日記はいつも丁寧で分かりやすいです!
    『ゴーストリコン』もとても参考になりました。

    私も以前はコマンド式の戦闘しかムリ!と思っていたのですが、『ウィッチャー3』など色々プレイしていくうちに近接のアクションは楽しめるようになってきたので、TPSなどもゆくゆくはそうなればいいなと思ってます。

    たしかに序盤は大変ですね!
    試行錯誤も楽しみながら頑張っていこうと思います~。

    『ホライゾン』の風景はほんとにキレイで衝撃的でした!
    スクショが多くなりそうですが、日記よろしくお願いします(笑)

    ( 23:31 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。