上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドラクエ11』の発売日が7月29日と発表されましたね~。
あと3ヶ月…楽しみです!
それまでに最低でも『Horizon』、欲を言えば『ゴーストリコン』もクリアできたらと思ってます。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

さて、数日前、Twitterで「私を作ったゲーム15選」というタグを見かけて呟いたのですが、
当ブログのコメント欄にて、相互リンクさせていただいているブロガーさんから
同じテーマで記事を書こうというバトンを回していただきました。
参照記事はこちら

そこで、Twitterで挙げた作品がどんなふうに「私を作った」のか
補足的に綴ってみたいと思います。
今の私のゲーム的嗜好がどんな作品から来ているのかという内容なので
いつも以上に個人的かつ主観的な記事になっています。ご了承ください。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

まず、選んだタイトルがこちらです。



小学生の時、初めて買ってもらったゲーム機がSFCでした。
私がRPGを好きになるきっかけとなったのが『DQ5』と『FF4』です。
ドラマチックに展開する物語に夢中になりました。
仲間と旅をして力を合わせて悪を討つ、というRPGの定番に今でもカタルシスを感じるのは
ドラクエとFFの影響が大きかったと思います。

その後、PS期とPS2期前半はゲームから遠ざかっていました。
再びゲームにハマるきっかけとなったのが『九龍妖魔學園記』です。
発売された当時よく通っていたサイトの管理人さんがハマっている様子を見て興味を持ちました。
高校生として個性的な仲間と青春を過ごすADVパートと
トレジャーハンターとして古代遺跡を探索するパートがあり、
RPG以外にもこんなに面白いゲームがあるんだ!と開眼させられたタイトルでした。
特に一人称視点での遺跡探索では
謎や仕掛けを解いて進んで行く臨場感が楽しかったです。
叶わぬとは知りつつ、いまだに続編を待ち望んでいるタイトルです。

以降は過去のPS・PS2タイトルを遡ってプレイしたり、新作をチェックしたり、
すっかりゲーマーとしての人生が始まりました(笑)。

もう1つ大きな転機となっている作品が
洋ゲーに対する苦手意識を変えてくれた『Dragon Age:Origins』です。
それまでにも評判の良かったオープンワールドRPGをプレイしたことはあったのですが、
物語性が薄く感じられたり、次に何をしたらいいのか分からなかったり、
私には合わないと感じていました。
ところが、『DA:O』はある程度の自由度はありつつも物語がドラマチックで、
ダークファンタジーな世界観や、登場人物たちとの豊富な会話のやりとり、
そして自分の選択によって歴史やエンディングが変わるところがとても魅力的でした。
『DA』シリーズは私にとって特別な作品です。
『Inquisition』では、マップは広さよりも密度や雰囲気重視という
私の好みもはっきりしました。

さらに、ここ1、2年ではTwitterを始めるきっかけとなった『ガールズモード3』
他の店長さん方のコーデを見たり、交流させていただいたり、
新しい楽しみ方を教えてくれました。

これらの作品と出会わなかったら
今このような形でゲームを続けていることはなかったろうなと思います。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

そのほかに挙げた作品もゲームの好みに多大な影響を与えてくれたものばかりです。

『ロマンシング サガ2』の初プレイはSFC版でしたが、
当時は一本道のRPGが主流だったため、フリーシナリオシステムがとても新鮮でした。
攻略法が何通りか用意されていたり、
プレイヤーの選択によって後の歴史が変わったりすることが楽しくて

このゲームで覚えた楽しさが
のちに『DA:O』や『ウィッチャー3』を好きになるきっかけにもなったと思っています。

『幻想水滸伝』シリーズでは「本拠地」の楽しさを知りました。
ある程度独立している大きな建物で仲間たちが共同生活すること、
そして仲間が増えていくにつれて建物が拡張していくことに、とてもワクワクしました。
最近では、本拠地の装飾やディスプレイを
自分好みにカスタマイズできるRPGも多くて嬉しいかぎりです。

『幻水』シリーズはすべてプレイしていますが、
一長一短あるもののどのタイトルにも愛着があります。
続編を期待しているんですが…これも望み薄ですよね…。

今やオープンワールドRPGと言えばアクションが主流ですが、
昔はアクション操作がとても苦手でした。
その意識を徐々に取り払ってくれたのが一騎当千系のゲームです。
簡単な操作で爽快なアクションができるというのは有難く、
特に『戦国BASARA』シリーズは個性的なキャラクターも相まって随分ハマりました。
それまであまり興味のなかった戦国時代に興味を持てたのも
このジャンルのゲームのおかげです。

他にも、
『シャドウ・ハーツ2』からはシリアスさと馬鹿馬鹿しさの両立、
『俺の屍を越えてゆけ』『金色のコルダ』からは育成要素、
『ペルソナ4』『ライドウ』シリーズからはアトラスゲー、
『クロノトリガー』『遙かなる時空のなかで3』からはタイムリープもの、
『アトリエ』シリーズからはアイテム合成、
…の楽しさを知りました。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

最後に、これらを踏まえたうえで、
私はいま一体どんなRPGに惹かれるのか考えてみたところ…

・ドラマチックでかつシリアス一辺倒ではないシナリオ(ダークファンタジーだとなお良し)
・クエストの攻略法が幾通りか用意されており、プレイヤーの選択によって結末が変わる
・密度が濃くて探索しがいのあるマップ
・個性的なキャラクターたちと、彼らと絆を深められるイベント
・仲間たちと過ごす本拠地がある(カスタマイズ可能)
・お着替え要素がある(装備品だけでなくできれば私服も)
・アイテム合成が楽しい

こんな感じでしょうか。
まぁ言うだけならタダですし…(笑)。

でも実際にゲームを購入する際には、ほとんどの場合、
あまり事前情報を得ることなく、「何か面白そう」という勘や直感で選んでます。
上記のような要素があったらラッキー、くらいの感じですね。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

さて、ここまでお付き合いくださりありがとうございました。
記事を書くのにいつも以上に手こずってしまいましたが、
昔好きだったゲームを色々と思い出せて、思いを整理できて、楽しかったです。
スポンサーサイト

『ペルソナ5』の2周目を始めました~。

目標は「全コープMAX」です。
特に1周目で最後まで見られなかったコープ(春ちゃんと岩井さん)が楽しみです。
股がけはしないつもりです(笑)。
今回は恋人は春ちゃんひとすじで行きます!

日程的に余裕がありそうなら、
全く手を付けられなかった釣りバッティングセンターもやってみたいです。

主人公の選択肢に関しては
1周目はわりと素直な優等生っぽいものを選んでいたので
今回は斜に構えた主人公像をもとに選んでいこうと思ってます。

戦闘の難易度はイージーにしました。
装備品も1周目から強いものを引き継げたので、サクサク攻略できたらと思います。

◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆

そんなわけで、当分は『P5』をプレイしていこうと思っていますが、
気になる新作もあります。
現時点で購入を検討しているタイトルは

2/23発売 『遙かなる時空の中で3 Ultimate』
3/2発売 『Horizon Zero Dawn』

の2本です。

『遙か3』はリメイクですね。
源平合戦を題材にしたタイムリープものの乙女ゲーです。
シリーズファンというよりは『3』が好きで、
発売を知った途端、懐かしくなってしまいました。

乙女ゲーはここ数年間はまったくやっていないのですが、
『遙か3』『金色のコルダ』『ときメモGS』は発売当時ものすごくハマりました。
それぞれ、歴史改変に、コンクール優勝に、パラ上げにと、
恋愛そっちのけで熱くなりました(笑)。

今回のリメイクはVitaでの発売なので
据え置き機のゲームとはまた別にちまちま進められそうですし、
買おうかなと揺れています。

もう1つは『Horizon Zero Dawn』
オープンワールド・アクションRPGで、
世界を探索して謎を解明していくというのは冒険心をくすぐります。
ただ、いまいちテンションが上がりきっていないんですよね…。
自然豊かな風景のなかに機械が登場する世界観に馴染めるのか、ちょっと不安なんですよね。
それと、主人公が扱う武器の1つに弓矢があるのですが、
私は弓の操作が苦手なので、ちゃんと扱えるのか…という心配もあります。

この2本のほかに、首を長くして待っているのが
海外では3月に発売されることがすでに発表されている『MASS EFFECT』の新作です。
発売されたら何を置いてもプレイしたいタイトルなんですが、
日本での発売に関しては音沙汰なし!
発売しないのなら、北米版の購入を考えるなり、諦めるなりできるんですけどね…。
はっきりして欲しい…!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。